オーダーメイド靴 & オーダーメイドインソール

靴の苦痛からの解放

当店は、静岡・浜松でオーダーメイド靴を作り続けています。
足を採寸して、木型から削り、革靴を作りあげる工房です。

1人の職人が1足の靴を完成させます。
木型作成~型紙~ミシン~底付け~完成までを一人の職人が担当していますので、その靴に関して知り尽くしているのです。

ほとんどの工房では、生産効率アップのため、製甲と底付けの作業は、それぞれ別の職人が担当する分業体制をとっています。

しかしながら、当工房では最初から最後まで、一貫して一人の職人が靴作りを行っております。

これにより、作りあげる靴への責任と誇りを感じることができるのです。

オーダーインソールとのコンビネーション

靴を履いた時、靴の中底と足の間には隙間が存在します。
これが、履き心地と疲労具合に大きな影響を与えます。
この隙間を埋めるために、オーダーメイドでインソールをお作りしています。
専用のオーダーインソールと専用の木型で作りあげた靴は、最高の1足になると考えております。

2001年
靴職人になると決意して脱サラ。東京・浅草の靴学校・工房の門を叩く。

2003年5月
東京・千住にて独立。靴工房『和靴 勝謹製』ブランドを立ち上げる。 実店舗はなく、通販のみによる販売形態でスタート。

2004年11月
故郷・浜松に工房を移転。同時に靴作り教室を運営開始。 実店舗を有し、県内初の手縫靴教室としてメディアなどに取り上げられる。

2005年4月
オーダーメイドの靴の受注を開始。既製靴の限界を知り、個人の足に合った靴作りをスタート。

2006年9月
楽天市場出店。靴だけでなく、靴を長く履くための手入れ用品を扱い、小物の作製を始める。

2009年
株式会社和靴として新たなスタートを切る。

2017年
工房を浜松市北区三方原町に移転。

3つの3Dマシンが靴作りをサポート

3つの3Dマシンを導入することで、オーダーメイドの靴とインソールを作ることを実現させています。

3Dスキャナー

足専用の3Dスキャナーで、

15秒で30,000万ヵ所を読み取ります。

3Dスキャナー

インソール専用の3Dスキャナーです。

トリッシャムデータをそのままスキャンすることができるため、非常に効率的です。

3Dプリンター

足データから足モデルを作る出すことができる3Dプリンターです。

 

Scroll to Top