静岡県・浜松市のオーダーメイド靴工房

作業工程

  • HOME »
  • 作業工程

手縫い靴の世界
~ハンドソーンウェルテッド製法の靴ができるまで~

木型を削る

オーダーメイド靴の場合、採寸した足データを基に、木型を作製します。

デザイン画

鉛筆を使用し、靴をデザインする 靴の完成形を想像し、革の重なるライン、ミシンのステッチ、美錠などを描いていきます。

木型に描く

デザイン画を基に、木型にデザインを描く 平面に描いたデザイン画を、立体の木型にデザインしていきます。

立体を平面に

デザインテープなどを使用し、木型のデザインを写し取り、型紙に貼り付けることで、平面にします。

型紙をおこす

基本型を元に、表革、裏革など、アッパーを構成するすべての型紙を作製します。

裁断

革の表面のキズなどをチェックし、革の伸び方向、パーツの重要度、内外などを考慮して、型入れをしていきます。型入れのラインに沿って、革を裁断していきます。

靴用のミシンで縫う

使用するミシン糸の太さや針の太さなど、最適なものを選択し、縫い目のピッチ、糸の締りなどの調整をして、縫っていきます。

釣り込み(つりこみ)

アッパーを木型に固定する アッパーを木型に被せ、ワニを使って、革をひっぱり、釘で固定していきます。

掬い縫い(すくいぬい)

ウェルト(細革)を中底とアッパーと縫い付ける作業です。 チャン(松ヤニ)を塗り込んだ麻糸を使用して、縫っていきます。

出し縫い(だしぬい)

麻糸を自分好みに撚り、チャンを塗った糸で縫います。 針の入れ方、糸の引き方などすべての作業を同じように繰り返していくことがうまく縫うポイントです。

コバ決め

コバを包丁、木やすり、ガラス、サンドペーパー、角コバゴテの順で仕上げていきます。 これらの各工程は、最後の仕上げに、角コバゴテをかけるための作業です。

ヒールの積み上げ&化粧

好みのヒール高にするために、積み上げの革を手で漉いていく。 通常、ヒールのアゴ部分側を漉き、積み上げ面が水平になるようにしていきます。 地面に接する部分の革を化粧といいます。 通常は、最もすり減る部分にゴムを使っているものを使用します。

熱ゴテ(ねつごて)

コバとヒール部分に色を入れ、ロウを塗り込み、熱ゴテをかけていきます。 これにより、コバとヒールがロウでコーティングされ、強度や輝きが増します。

靴を磨く

アッパーに色を入れていきます。ペネトレイトブラシでクリームを塗り込みます。 ミシン目やベルトの穴などにも入れていきます

完成

完成です! つま先やかかと部分には、ポリッシュを入れて、光沢を出します。

■デザイン

■設計

■製甲

■底付け

■仕上げ

PAGETOP
Copyright © 株式会社和靴 All Rights Reserved.