仮り靴の必要性

仮り靴(かりぐつ)とは、あまり聞きなれない言葉だと思います。

オーダーメイド靴の注文をいただいて、本番の靴を作る前に、フィッティングを確認してもらうために作る仮の靴のことです。

当店のオーダーメイド靴は、お客様の靴木型を1から削って作りあげることから始まります。

そのため、ご注文時に靴を履いて、フィッティングを確認することができません。

通常、靴店で靴を買う際、サイズなどを指定し、必ず試着すると思います。
これは、既製靴だからこそ、できることなんです。

すでに靴木型が出来上がっているから、事前に靴を用意しておくことが可能になるのです。

当店では、靴修理も行っているため、修理依頼で、

『オーダーメイド靴で作った靴が痛い』

『小さい』

『大きい』

などの言葉を聞くこともあります。

お話を聞くと、やはり、採寸後、仮の靴を作らずに、いきなり本番靴を作っているようです。

オーダーメイドのスーツを作る場合、仮縫いの服を試着してもらうはずです。
柔らかい布生地で作られた洋服でも仮縫いで試着をして確認をするのですから、
布よりも硬い革で作られた靴で試着をしないのは、おかしな話だと思います。

当店では、オーダーメイド靴の金額は、当店では安いものでも5万円~、高いものですと40万円を超える場合もあります。

金額的に高価なものになりますので、いきなり本番を作ることは、お客様にとっても、当店にとってもリスクが高くなります。

作ってもらう側と作る側が安心していけるように、少し時間と手間はかかりますが、
当店では、この仮り靴によるフィッティングを大事にしていきたいと考えています。